茨城トヨタ自動車株式会社
茨城トヨタ自動車株式会社

人事課ブログ

TRDラリーチャレンジ!

未分類

茨城トヨタ採用担当者日記をご覧のみなさまこんにちは!
今回の担当は、大西です。

ここ数日、ぐんと気温がさがり、涼しい日々が続いていますが、体調等くずされていないでしょうか。
気温の変化に伴い、夏の終わりを感じる季節になってまいりました。
涼しくなって嬉しい気持ちもありますが、夏の終わりってなんか寂しいですよね。。
私だけでしょうか。。。笑

さてさて、今回は、「TRDラリーチャレンジ」を紹介させていただきます。
TRDラリーチャレンジとは、手軽に楽しめるラリー競技として2年前から全国各地で行われているモータースポーツのイベントです。
先日、群馬県の嬬恋村(つまごいむら)で行われたラリーに、茨城トヨタは北関東の販売店代表として初めて参加してきました!
私は参加することはできなかったのですが、ラリーに同行したスタッフから話を聞くことができたので、ご報告します!

「ラリー」と言ってもどんなものなのか、よくわからない方が多いかも知れません。
ラリーは運転者(ドライバー)と、案内者(コ・ドライバー)が2名1組で車に乗り、一般公道で競技が行われます。
交通法規を守って一般車両とともに走行する区間と、公道を占有して速さを競う区間があり、一般公道での走行中は、あちこちに通過確認地点(タイムコントロール)と目標到着時間が設定されていて、早すぎても遅すぎても減点されてしまいます。
つまり、ラリーは速さだけでなく、到達時間の正確さを求められる競技と言えます。

参戦にあたり、ラリーカーは他の販売店の86を借り、ドライバーは幡谷社長が、コ・ドライバーは本社のスタッフが務めました。
2人ともラリーの経験はなく、今回が初めての参加でした。
借りたラリー車は、軽量化の為、通常ある内装品がなかったり、競技用の部品を組み込んでいるため、運転しにくかったりと、市販車の86と全く感覚が違います。
そういったクルマにドライバーとコ・ドライバーが慣れることがそもそものスタートで、それはそれは苦難の連続だったそうです。

ラリー当日は夜明け前から始まり、受付、コースの試走などを経て、その後、いよいよスタートです。
スタート時には司会者の方からインタビューを受け、「無事に完走する」という目標を宣誓し、走り出しました。

いざスタート!


結果は51台の参加で総合順位29位!
無事に完走することができ、初参戦にしては上々の結果でした!

ドライバー、コ・ドライバーの2人は、初参戦のプレッシャーと厳しいコンディションの中で大変な思いをしましたが、普段では味わうことができない「クルマの面白さ」を十分に体感できたことでしょうし、同行したスタッフは、ラリーカーの迫力ある走りや音を間近で見聞きして、自分でも走ってみたくなったそうです。

ラリー中の86


クルマは単なる移動手段だけでなく、楽しむためのツールでもあるのですね。
私たち茨城トヨタではお客様にお車を販売しています。
ただ、お客様にお車をお売りするだけではなく、クルマがもたらす楽しさ・喜びというものを併せてお伝えしていかなくてはいけないな。
と、改めて感じました^^

茨城トヨタ採用担当者日記をご覧のみなさま!
まだまだ、気温が安定しない日々が続きますが、体調等には気を付け、
充実した日々をお過ごしください☆

  • カタログ請求
  • オンラインお見積り
  • 保険
  • 茨城トヨタ自動車株式会社ブログ
  •  nakama122号プレゼント応募
  • いきいき茨城ゆめ国体・いきいき茨城ゆめ大会