茨城トヨタ自動車株式会社
茨城トヨタ自動車株式会社

人事課ブログ

黄色い帽子がなくなる日

未分類

茨城トヨタ採用担当者日記をご覧の皆さん、こんにちは。
今回の担当は神谷です。
先日、通学路の立哨(りっしょう)を行いました。立哨とは、登校時に通学路の横断歩道に立って
交通誘導、安全確認を行うものです。
私には6歳と4歳の子どもがおり、上の子は小学生です。普段は私の妻が立哨をしていますが、
今回は妻の仕事の都合上、私が引き受けたのです。黄色い旗と「たすき」をかけて、子どもたちに
「おはよう」や「行ってらっしゃい」と声かけをしながら横断歩道を誘導しました。
黄旗1tasuki1.jpg
          ↑これが黄色い旗と「たすき」です。

誘導していて気づきましたが、ドライバーには歩行者に気遣いをしてくれる人と
そうでない人の2種類がいます。大半のドライバーが前者でしたが、後者のドライバーが
存在するのは残念なことです。朝の忙しい時間ですから、先を急ぎたいのはわかりますけどね。
ところで、最近のクルマは自動ブレーキに代表されるような安全技術がめざましく進歩しています。
セーフティセンス1
↑自動ブレーキのカメラとレーダー

自動ブレーキとは、カメラやレーダーを用いて前方の車両や歩行者、建物などを認識して
衝突の危険が高まった場合に自動でブレーキをかけるシステムです。とはいえ、衝突事故を
100%防ぐことはできません。いずれ、完全自動運転技術が確立されれば交通事故が
起こることもなくなるでしょう。そうすれば、黄色い帽子や黄色い傘もいらなくなるかも知れませんが
その日が来るにはまだ時間がかかりそうです。
どうか皆さん、ハンドルを握る際は歩行者には充分気をつけて、優しい運転をお願いします。

  • カタログ請求
  • オンラインお見積り
  • 保険
  • 茨城トヨタ自動車株式会社ブログ
  •  nakama122号プレゼント応募
  • いきいき茨城ゆめ国体・いきいき茨城ゆめ大会